一般市民に牙むく中国マフィア 反腐敗運動で公安と黒社会の“癒着”希薄に

 5月、黒竜江省ハルビン市の夜市で、鶏の空揚げを販売していた19歳の男性が男に刺殺された。男性が黒幇(ヘイパン=マフィア組織)からのみかじめ料要求を断ったことが原因とみられている(中国ニュースサイトの蘇北網)。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト