記事詳細

【家電の世界】6月前半までにエアコンの試運転を ダイキンが緊急呼びかけ (1/2ページ)

 日に日に気温が上昇すると、夏のエアコンシーズンの到来がまもなく訪れると感じる。そうしたなか、ダイキン工業が「真夏でも快適に過ごすカギは、シーズン前の試運転」として、5月から6月前半に一度、エアコンの試運転をしてほしいと呼びかけている。

 同社では例年7月にエアコンに関する問い合わせや修理依頼が集中し、6~8月の3カ月間が、年間修理受付件数の約半数を占めていることを示しながら、「修理受付窓口の人員を増やすなど、お客さまを待たせることなく対応できるように努めているが、それでもピーク時には1週間程度待たせてしまう場合が発生している。買い替えの場合にも、設置までに時間がかかるケースがある。事前に試運転をして不具合に気づけば夏前に直すことができ、夏場を快適に過ごすことができる」と提案する。

 同社の調査でも、夏場に点検修理を依頼した際に、「修理の人が来るまでに日数(時間)がかかった」「来てもらう日の調整に困った」という声が多かったという。

 故障のなかでも多いのが、「冷風が出ない」「電源が入るが動かない」など。「気温が30℃を超える真夏にエアコンが故障した場合、果たして室内で過ごすことができるのか。修理待ちのために、エアコンが動かないまま1週間過ごさなければならない可能性も出てくる。そうした悲劇を招かないためにも、この時期に試運転をしてほしい」と同社。

zakzakの最新情報を受け取ろう