記事詳細

【一生働く!】“ほどよく働く”シニアの生き方 企業の人手不足で「プチ勤務」可能に (1/2ページ)

★ほどよく働く(1)

 定年後のシニアが新たな仕事に就くとき、その働き方はさまざまだ。多様な仕事選びのなかで、無理なく“ほどよく働く”生き方にも着目してみたい。

 ■時間の制約がはずれ始めた

 定年を迎えることは、長い会社勤めから“解放”されることでもある。最近は雇用延長し、同じ会社に65歳まで勤め続ける人も多いが、定年をきっかけに新たな仕事を求める人も少なからずいる。

 その働き方についても、それまで培ったスキルや能力を生かしてバリバリ働く人もいれば、体に無理なく“ほどほどのレベルで働く”ことを目指す人もいて、まさに十人十色だ。

 “ほどよく働く”というと、アルバイトやパートなどの職種が浮かぶだろう。そうした職種は軽作業やコンビニ勤務など、範囲が限定されがちだったが、リクルートジョブズ経営企画部の福田愛さんは、「これまで時間の制約があり、働きたくても働くことができなかったシニアや主婦の方が活躍できるようになってきました」と話す。

 同社は人材マッチングの大手リクルートグループの中でアルバイト・パートに力を入れている。そんな同社が最近提唱しているのが「プチ勤務」だ。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース