記事詳細

【ネット騒然銘柄】「日本通信」が金融庁お墨付きの実証実験 ネットではイナゴトレーダーら煽りまくり「大相場の始まりじゃい!」

 レンタル回線で通信サービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)のパイオニア、日本通信(9424)。先月31日に千葉銀行など6社と共同で「スマホを活用した金融取引のプラットフォーム」の実証実験を行うと発表。さらに、同実験が金融庁からのお墨付きであることも伝わり、1日の株価は前日比42%高の暴騰となった。

 これを受けてネット上では1日で5000件近くもの書き込みが殺到。「大相場の始まりじゃい!」「300円は固い(1日終値は169円)」などイナゴトレーダーたちが煽りまくっている。今後相場が続くかはわからないが、しばらく鉄火場ご開帳となりそうだ。

 ネット印刷サービスを提供するラクスル(4384)。先月31日に新規上場を果たしたが初値は振るわず。ところが、その後は連日の大幅高となっていて、PER(株価収益率)は驚愕の7000倍超えまで買い上げられている。株系掲示板では「ここは秘書がかわいいから上がると思ってた」とのコメントも。確かに、何が理由で買われるかわからないのが株の世界である。(新井奈央)

 【2018年6月5日発行紙面から】

zakzakの最新情報を受け取ろう