記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】格好のコートを見つけた 冷気通さず、水蒸気逃がす…しかもお安い! (1/2ページ)

 洋服の展示会は、製品が店頭に並ぶ半年ぐらい前に開催される。昔は年に8回も展示会を開催するメーカーがあったが、今はほとんどが春夏と秋冬ものの2回になっている。初春ものや初秋もの、クリスマスものなどという小規模なものをプラスするところもある。

 展示会で小売業のバイヤーは注文を付けるが顧客の好みや過去にどのようなものを買ったかの熟知に加え、流行の流れも加味して仕入れるものを決めるのがバイヤーの腕の見せどころだ。

 顧客との関係で仕入れ先がほぼ決まっているバイヤーと比べ、ファッション誌の編集者やスタイリストはたくさんの展示会を見てまわって、半年先からの毎月号の企画を考える。そしてメーカーにその月に店頭にある製品を借用して撮影することを毎月繰り返して読者に届ける。私も仕事柄たくさんの展示会を見てまわるが、そこで自分が買いたいというものに出合うとうれしくなる。

 私は長年探し続けているものがふたつあって、ピンクのセーターと薄手のコートである。セーターは10年以上前から探しているが、自分の好みのピンクにいまだに出合えていない。

 暑がりで冬でもコートをほとんど着ないし、着るにしても風ふさぎの薄手のネービーのものを愛用しているが、もう1枚欲しいのが薄手のカーキかブラウンのコートである。何の変哲もないシンプルなデザインのものが見つかった、それも納得の低価格!