記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】休憩時間が45分…これって違法? (1/2ページ)

 【Q】就業規則には、昼休みの時間は正午から午後0時45分までと書かれてあり、上司から「今後はこれを厳守するように」と言われました。私は4月から働き始めたのですが、多くの先輩は正午から1時間は休憩をとっていましたし、これまで特に注意を受けたこともありません。休憩時間が45分では、急いで昼食をとらなければならず、短すぎます。これは違法ではないのですか? (20代・サービス業・女性)

 【A】休憩時間は労働基準法第34条で、(1)使用者は、労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない(2)休憩時間は原則として一斉に与えられなければならない(3)休憩時間中は会社の指揮命令を受けず自由に利用させなければならない-と定められています。

 相談者によると、就業時間は午前9時半から午後5時半ですので、休憩時間を除く「実労働時間」が8時間を超えていませんから、労働基準法違反ではありません。

 ただし、例えば、休憩時間であっても電話や来客に対応しなければならない実態があるとすれば、それは休憩時間とは言えません。昼休みの電話対応を当番制にする例も見られますが、これは「手待ち時間」といって完全に労働から離れることはできないため、労働時間となります。

関連ニュース