記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】膝の負担を軽減する 「ウオーキングシューズ」 (1/2ページ)

 厚生労働省の「介護予防の推進に向けた運動器疾患対策についての報告書」には膝トラブルを抱えている人は約3000万人と書かれていて驚く。膝の痛みは高齢者だけだと思われるが、四十肩とか五十肩があるように、膝にも四十膝や五十膝がありバリバリ働く世代は要注意。

 階段の上り下りがしんどい、正座ができない、しゃがめない、立ち上がるのがおっくうになっては大変…。膝の痛みは加齢の宿命とも言える。で、膝を大切にしないといけない。これには正しい歩き方を習慣づけることが大切だといえる。

 正しい歩き方は前に脚を出した時に膝が伸びていることで、膝を曲げたまま歩いていると特定部分だけに負担がかかるため膝痛となる。正しい歩き方をするには歩くときの靴選びが重要だ。

 アシックス商事(http://www.asics-trading.co.jp)からストレート脚とO脚の人に膝の負担を軽減する靴が発売されている。“RaKUWaLK(ラクウォーク)”ブランドの「KNEESUP(ニーズアップ)」がそれ。膝のケアに特化し、アシックス商事と京都橘大学が共同で開発した。MCCS(Medial Cushion Control System)という靴底のかかとと内部側にウレタン樹脂プレート(写真下の右底)を搭載している。

関連ニュース