記事詳細

大塚家具、8割引セール延長で心配な「宴の後」 久美子社長の責任問う声強まる

 業績が悪化している大塚家具が、最大8割引の「在庫一掃セール」を、当初の今月28日までの終了予定を約1カ月延長することを決めた。客足が戻っていることが理由だが、2カ月にも及ぶ長期セールの後が心配だ。

 同社はウェブサイトで「ご好評につき会期延長」と説明している。割引セールが評判で、10月の店舗売上高は1年3カ月ぶりに前年を上回る見通しだという。

 ただ、セールをいつまでも続けるわけにはいかない。大塚久美子社長の責任を問う声は社内外で強まっているほか、スポンサー企業探しも決着していない。

 在庫を一掃した後にどんな手を打てるのか。

関連ニュース