記事詳細

【今日から始める10万円株】来年10月の消費税増税に向け 「キャッシュレス決済」関連に注目 (1/2ページ)

 2019年10月の消費税増税を控えて、足元の株式市場では「キャッシュレス決済」というテーマが注目を集めている。

 すでに政府はキャッシュレス推進協議会を立ち上げているが、消費税増税に際してクレジットカードなどのキャッシュレス決済を使った場合、増税分の2%分をポイントで還元しようとする案が検討されているという。

 海外で急速に普及しているキャッシュレス決済だが、日本ではまだ普及率は2割程度と低く、政府ではこれを2025年度までに4割まで引き上げる方針だ。

 今週の10万円株は、キャッシュレス決済に関連する銘柄をピックアップしていきたい。

 「楽天」(4755)は、クレジットカードや電子マネーをはじめ、さまざまな決済手段を提供する東証1部企業。KDDIとの業務提携で各種決済サービスの相互利用を促進し、「キャッシュレス社会の実現」へと事業展開を進めている。足元の業績も良好で売上高は右肩上がりで推移中だ。

 一方で、株価は11月に入り陽線を連発、19日は940円で取引を終えている。年末にかけてのクリスマス商戦でも注目を集めそうな銘柄だ。

 一方、QRコードやバーコードの読み取りアプリなどを手掛ける「メディアシーク」(4824)もこれまでキャッシュレス決済の関連銘柄として買いを集めた銘柄だ。チャートは横ばいからやや下降トレンドにあるが、19年7月期には黒字化が視野に入っており、ここからの反騰に期待したい。株価(19日)は740円、目先のターゲットは8月の年初来高値977円か。

関連ニュース