記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】丈夫で軽くて安いの発見! 「リュック」 (1/2ページ)

 デイパック、リュック、バックパックと呼び方はブランドによってさまざまだが背中に背負うバッグを諸兄はお持ちだろうか。ビジネス街ではスーツに背負っている人を多く見かける。私も今はほとんどのバッグを背負うものにしている。両肩で背負うから体への負担が少ないし、何よりの利点は両手が使えることだ。

 以前、雨の日に金属製の網目状になった上で滑って真後ろに倒れたことがあったが、背負ったバッグのおかげで頭を打つこともなく大助かりをした。日常的に使うものは3個あるが、それぞれに役割を決めている。

 いちばん軽いのはLe Sportsac(レスポートサック)で260グラムだが、薄いナイロン製なのでデジカメやタブレットなどは怖くて持ち歩けないから買い物用に。トラックのほろをリサイクルした650グラムのFREITAG(フライターグ)は中に小さなポケットがあるだけのもっぱら雨の日専用。

 仕事でのTUMI(トゥミ)のものは、耐久度の高いバリスティックナイロン製で、内も外も機能的ポケットがいっぱい仕様で満足度と利便性が高いが1キロ超と重たい。

 TUMIに入れる日常的に持ち歩いているものの重さを測ってみたら名刺入れ50グラム、財布2つにカードケースと鍵で550グラム、ノートと筆記具で200グラム、デジカメと予備電池で600グラム、iPadがケース付きで550グラム、スマホ150グラム、文庫本1冊300グラムで合計2400グラムがバッグ本体に加わると3・5キロ超となる。年を重ねた体にはつらいものだ。

関連ニュース