記事詳細

【今日から始める10万円株】マザーズから東証1部昇格組をロックオン! 「じげん」「デファクトスタンダード」など (1/2ページ)

 日経平均株価は、再び10月26日の安値2万971円に迫ろうとしている。10月の相場急落以来、当欄では度々「押し目買いのチャンス」などと書いてきたが、押し目買いスタンスにも疲労感があるかもしれない。

 有望銘柄の押し目を丁寧に拾っていけば、相場が反発したときに報われるのは確か。しかし、押し目買い目的で購入した銘柄が次々と値を下げれば、買い意欲が薄れていくのは人情というものだ。しかし、ここで買いの手を緩めてしまっては、将来の大きなリターンを手にすることもできない。

 今回は「東証1部への昇格」、それも東証マザーズから1部昇格を果たした銘柄をロックオン。

 この1年の東証1部の株価上昇率ランキングを見ると、レノバ(2018年2月に1部昇格)やキャリアインデックス(17年12月)などマザーズからの昇格組が多くランクインしている。しかも、上場後しばらく時を置いてから上昇するケースも少なくない。10月の相場急落によって18年のマザーズから東証1部への昇格組も一様に売られている。今回はそうした銘柄を紹介したい。

 まず、不動産や人材、中古車などの一括検索サイトを運営している「じげん」(3679)。今年の6月にマザーズから東証1部上場を果たしたが、株価は3月からほぼ一貫して右肩下がりとなっている。

 以前より成長スピードは鈍化しているが、急成長企業ではなく、安定成長企業という見方をしても株価は割安。6万円弱で購入可能だ(10日現在、以下同)。

関連ニュース