記事詳細

【トレンドウオッチャー木村和久の世間亭事情】株価は春に底打ち反転? 今年の勝負どころは夏 (1/2ページ)

 株価のクリスマスショックで、悶絶フィニッシュに終わった、昨年の世界経済でしたが、今年はどうか? 経済中心に占ってみます。

 米中貿易戦争激化、英国のEU離脱、長引くゴーン問題など、マイナス面が多いです。日経平均は2万円を割り、1万8000円ぐらいまで下がるかもしれません。

 日経平均の日足チャートを見ると、2018年の秋に2万4000円をつけ、その後はだだ下がりです。東証マザーズなどの新興株は、昨年2月からほぼ、丸1年下がりっぱなし。これはひょっとして、アベノミクスの終焉が、近づいている?

 期待は新興&IT株のリバウンドですが、ライザップのような負の遺産的銘柄が多すぎます。ZOZOにしても、株価は半年でピーク時の半値以下だし。これじゃ、月に行く余裕はないでしょう。

 そうなると日本経済はインバウンドに頼るしかありません。年末年始、六本木ヒルズで仕事をしていましたが、歩いている人の3割ぐらいは、中国人? それぐらいの勢いを感じます。「ハレクラニ沖縄」の今夏開業などホテル&旅館の建築ラッシュは続き、航空便は大幅に増便するでしょう。

 今年、文化庁は京都に移転し、本格的に文化GDPを押し上げる政策を開始します。

 9兆円程度だった訪日客の観光収入を、2025年までに倍の18兆円にするそうで、期待が持てます。

関連ニュース