記事詳細

【トップ近況】主力の二輪事業てこ入れ「取るべきシェア取る」 ヤマハ発動機・日高祥博社長

 「フィリピンやインドなど成長市場で取るべきシェアを取る」と話すのは、ヤマハ発動機の日高祥博社長(55)。2021年までの新中期経営計画で連結売上高2兆円を改めて目標に掲げ、達成に向けて主力の二輪事業をてこ入れする。

 参入が注目されていた四輪の普通乗用車事業については、量産化や採算性の課題があるため凍結を決めた。ただ、新たな乗り物の開発は続ける方針だ。「技術と感性で人間が本来持つ可能性を広げたい」と強調した。

関連ニュース