記事詳細

【トップ近況】「おおむね順調なスタート」 日本郵政・長門正貢社長

 「おおむね順調なスタートだった」と話すのは日本郵政の長門正貢社長(70)。昨年5月に2020年度までの中期経営計画を発表。郵便事業での収益改善を背景に19年3月期の業績予想を上方修正するなど、計画1年目の好調な滑り出しの手応えを語る。

 計画では数千億円規模の企業の合併・買収(M&A)を進める方針も掲げ、昨年末には米アフラックへ出資する方針も公表した。積極的な事業展開で「持続的に成長していくサイクルの実現を目指す」と強調する。

関連ニュース