記事詳細

「ペイペイ」また100億円還元 12日から、1人あたりの上限低く設定

 ソフトバンクとヤフー傘下のスマートフォン決済サービス「ペイペイ」は4日、総額100億円を利用者に還元するキャンペーンを12日から再び行うと発表した。

 利用促進策の一環で、昨年12月に続き2回目。高額利用が相次ぎ、利用者の裾野が広がらなかった前回の反省を生かし、1人当たりの上限を低く設定し、幅広い利用者獲得を目指す。

 ペイペイで決済した場合、支払額の最大20%を還元する。1人当たりの還元額は総額5万円まで、1回の支払いで1000円までとする。

 また、利用者が殺到しシステムがダウンしたことや一部で不正があったことから、安全対策を強化する。

 前回は昨年12月4日から今年3月末までの予定だったが、わずか10日で100億円を使い切り、キャンペーンは打ち切られた。