記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】起業家は「仕事の満足度」「私生活の満足度」「総合的な満足度」全てが高い (1/2ページ)

 1月17日、日本政策金融公庫は「起業と起業意識に関する調査」を発表した。起業の相談窓口を持つ公庫の調査であり、起業家や起業志望者の実態を反映したものだ。

 興味深いのが「仕事のやりがいに関する満足度」だ。同調査では「起業家」「起業関心層」「起業無関心層」に属性を分けているが、「満足」と答えたのは、現在勤務中の「起業関心層」(35・1%)、「起業無関心層」(34・6%)であるのに比べ、「起業家」は68・5%と、ほぼダブルスコアで満足度が高い。

 休みや家族との時間を犠牲にしているのではと「私生活(休暇や家族との過ごし方)に関する満足度」を見るが、「満足」と答えたのは「起業関心層」(46・5%)「起業無関心層」(46・3%)であるのにに比べ、「起業家」は61・0%とやはり高い。

 「総合的な満足度」を見ても、「満足」が「起業関心層」(38・6%)、「起業無関心層」(42・1%)と比べて、「起業家」(58・6%)の方が高い。

 起業家の事業形態は、スモールビジネスが多いようだ。同調査によると、起業家の組織形態は「個人企業」が84・5%であり、従業員数は1人(本人のみ)が65・6%。

関連ニュース