記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】正しい「靴磨き」で足元ピカピカ! 心掛けたい日頃のお手入れ (1/2ページ)

 諸兄は靴を磨いているだろうか。いくら高級なものを履いていても、汚れた靴を見られてだらしない人だと判断されることもあるから日頃の手入れは欠かせない。大切な靴だからこそしっかり気合を入れて磨きたい! 私もクリーナーで汚れを落として、靴クリームを塗布してから念入りに磨くという手順で手入れをしている。

 自己流なので、きちんとした手順で靴をきれいに磨く方法を請いに1910年創業の日本最古の靴クリームメーカーである谷口化学工業所(http:www.taniguchi-kagaku.com)を訪ねた。

 写真右から「ライオン靴クリーム」の“Excellent(エクセレント)”ブランドのクリーナー(税別900円)と乳化性靴クリーム(1000円)、油性ワックス(1000円)をまず揃えたい。

 私は靴磨きを1つのブラシでやっているが、馬毛と豚毛の2つあると良いといわれてびっくり。まずは細くやわらかい馬毛のブラシは細部に入り込んだホコリや砂を落とすのに使い、腰が強い豚毛はクリームをつけ伸ばすのに使う。まずはホコリを落とす。

関連ニュース