記事詳細

連合、3月6日を「サブロクの日」に制定 「三六協定」の大切さ訴え

 連合は6日、働き方改革の一環で時間外労働(残業)の上限規制が4月に大手企業から適用となるのを前に、労使が残業をする際に締結する「三六協定」の大切さを知ってもらおうと、「36(サブロク)の日」制定記念発表会を行った。

 「サブロクの日」とは、連合が昨年、労働時間の上限などに関連する労働基準法36条にちなみ、日本記念日協会に3月6日を「サブロクの日」として申請し、認められた。

 発表会には、お笑い芸人の岡田圭右(50)と、キンタロー。(37)らも登壇。岡田は「自分の仕事が終わっていても、上司が残っているので、2、3時間仕事しているフリをしていた」とサラリーマン時代を振り返った。

 イベントを主催した連合の神津里季生(こうづ・りきお)会長は「率先して『三六協定』を広げていきたい。色々な業態に光を当てて、労働時間を考えるきっかけにしたい」と呼びかけた。