記事詳細

【新・兜町INSIDE】東京駅周辺で投資詐欺勧誘 サクラ役の女性と若手男性に扮し…

 東京駅周辺はちょっとした証券街。大和証券のほか、SMBC日興、三菱UFJモルガン・スタンレーなど有力証券が本社を置くだけでなく、白昼堂々と、投資詐欺の勧誘が展開されている。

 「裏技を駆使する売買ソフトが1000回中999回勝つ」「月20%で増える」など、あり得ないセールストークが連発するのは東京駅周辺の喫茶店。「現場」をしばしば目撃する証券会社幹部氏は言う。「サクラ役の中年女性が『カモ』を連れ、投資会社の若手男性社員に扮した詐欺師に会わせる光景が多いですね」。

 サクラ役の女は詐欺師たちがいかに「いい人」であるかをアピール。詐欺師の男は「この業界で上がっていきたいと思って頑張っています」と熱意をアピール。さらに「証券会社は客が儲かると口座を凍結する」と明らかなウソを展開し、投資業界では即アウトの「絶対に儲かります」も連呼する。

 東京駅周辺の喫茶店では、自前のパソコンで仕事に没頭する営業マン風の客が多い。こういう「意識高い系」の雰囲気も詐欺師にとっては小道具となるようだ。

 【2019年3月8日発行紙面から】

関連ニュース