記事詳細

日商エレ、F5とSOCパートナー契約締結し、WAF向けMSSを強化

 日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村 昌一、以下 日商エレ)は、F5ネットワークスジャパン合同会社(以下、F5)とSOCパートナー契約を締結し、F5のWebアプリケーションファイアウォール「BIG-IP ASM」(※1)と「BIG-IP AWAF」(※2)を中心とするWAFシステムの導入、運用支援サービスをより強化しました。

 (※1)BIG-IP Application Security Manager、(※2)BIG-IP Advanced Web Application Firewall

 日商エレは、総合サイバーセキュリティサービスブランド「Nissho Cross Platform - Cyber Security(NCPF-CS)」のリリース以来、あらゆる規模のお客様のニーズに応えるためVectra AI社をはじめセキュリティベンダー各社とのアライアンスを進めてきました。今回はサービスラインナップのひとつであるMSS(Managed Security Service)を強化し、お客様のサイバーセキュリティの堅牢性向上を後押しするために、WAFのトップベンダーであるF5とのSOCパートナー契約に至りました。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182304/LL_img_182304_1.gif
F5ネットワークスジャパン合同会社

 F5の「BIG-IP ASM」と「BIG-IP AWAF」は、外部からの攻撃を防御するだけではなく、内部からの情報流出も防ぎ、Webアプリケーションと情報に対する万全のセキュリティを実現します。日商エレでは、F5の「BIG-IP ASM」と「BIG-IP AWAF」の持つ能力を十二分にお客様に活用いただけるよう、MSSパッケージにて監視運用並びに設定チューニングサービスを提供します。

 【Nissho Cross Platform - Cyber Security(NCPF-CS)について】
2018年10月に「あらゆる規模のお客様のニーズに応える、総合サイバーセキュリティサービス」をコンセプトとしてスタートした日商エレのセキュリティブランド。高度で多様なセキュリティ機能を取り揃えるNCPF-CSでは、お客様が「今、実施すべきセキュリティ対策」を提案します。お客様に最適なサービスを必要な分だけ実現しやすい価格で利用いただけます。MSSでは、専門のアナリストが高度な情報収集と分析を行い、お客様が安心して運用できるICT環境づくりに貢献します。

 https://www.nissho-ele.co.jp/solution/ncpfcybersecurity/index.html

 F5ネットワークスジャパン合同会社 権田様にコメントをいただいております。

 F5ネットワークスジャパン合同会社 代表執行役員社長 権田 裕一氏
F5ネットワークスジャパン合同会社は、このたびの日商エレクトロニクスとのSOCパートナー契約締結について大変光栄に思っています。今後、オンプレミスでのWAFに限らず、クラウド環境における協業も強化し、更なるセキュリティビジネスの推進をしていきたいと考えておりますので、両社の技術とノウハウでこれまで以上にお客様へ価値あるサービスを展開できると確信しています。

 *記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
*記載の商品名、価格および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。