記事詳細

書籍『ステージング・ザ・ワールド』(2019年3月刊)に 日本版ホームステージング体系化の背景と事例が掲載されました

 快適な住まいと暮らしを実現するための様々な問題を専門知識と技術で解決し、住まいの価値や暮らしの質を高めるホームステージングの普及活動を行う一般社団法人日本ホームステージング協会(東京都江東区/代表理事:杉之原冨士子、以下日本ホームステージング協会)は、 提唱する日本版ホームステージングがこのほど発売された世界のホームステージングを紹介する書籍『ステージング・ザ・ワールド』(2019年3月刊)に掲載されました。米国のホームステージング創始者であるバーブ・シュワルツ女史が執筆した書籍で、日本ではアマゾンで購入できます。

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000193240&id=bodyimage1

 掲載のきっかけとなったのは、2018年4月にイタリア・ローマ市で開催されたホームステージングヨーロッパ大会2018(主催:IAHSP -International Association of Home Staging Professionals ※)に日本代表として招聘されたことです。この際に発表した、日本版ホームステージングとその背景、日本の住宅事情、ホームステージング事例は、バーブ・シュワルツ女史から驚きとともに、高く評価され、参加者から多くの称賛の声を得ました。掲載内容は、このときの発表内容に基づいています。掲載内容の抜粋は資料編のとおりです。

 日本ホームステージング協会は、ホームステージングを広めることを目的に2013年に設立されました。協会が日本独自の内容で体系化したホームステージャー認定講座(※2)では、2019年3月末現在2,712人が資格試験に合格しています。一方で、ホームステージングには各地域に見合った手法があることや、ライフステージの変化にその都度対応できる新しい職種になるという手応えを感じ、そのことも多くの方に知っていただくべく活動しています。代表理事杉之原は「インテリアをおしゃれに設置することだけがホームステージングではなく、片づけや掃除を含めた日本版ホームステージングは世界にも必要なスキルといえます。快適な住まいや暮らしを実現するためにホームステージングを依頼することが世界中であたりまえになってくる時代が近いのではと期待しています」と語っています。

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000193240&id=bodyimage2

 ※1 IAHSPは、バーブ・シュワルツ女史が1972年に立ち上げた団体で、日本ホームステージング協会は、2013年の協会設立当初から交流を深めてきました。

 ※2 ホームステージャー認定講座について日本ホームステージング協会ウェブサイトで、東京、大阪、名古屋ほかで開催している認定講座日程を公開し、受講申し込みを随意受け付けています。
サイトURLは次のとおりです。https://www.homestaging.or.jp/shikaku/

 <日本版ホームステージングの定義>
日本ホームステージング協会では、快適な住まいと暮らしを実現するための様々な問題を専門知識と技術で解決することで、住まいの価値や暮らしの質を高めることをホームステージングと定義しています。

 (組織概要)
一般社団法人日本ホームステージング協会
代表理事:杉之原冨士子
設立:2013年8月19日
事務局:〒135-0042 江東区木場6-4-2 KIビル4F
電話番号:03-6810-5708
URL: https://www.homestaging.or.jp

 【本件に関するお問い合せ先】
日本ホームステージング協会広報事務局
田熊、石川
メール: hs@argo-ms.com
TEL 03-3798-2172
FAX  03-5443-1848

 (資料編)
『ステージング・ザ・ワールド』掲載内容抜粋

 ホームステージング創始者のバーブさんとは、私たちの切望にお応えいただきアメリカのシアトルで2015年にお会いできる機会を頂きました。その時バーブさんより『世界最高のチームになることを望んでいる』という力強い言葉は今でも私たちを勇気づけ、背中を押してくれています。

 日本ホームステージング協会は、快適な住まいと暮らしを実現するための様々な問題を専門知識と技術で解決することで、住まいの価値や暮らしの質を高めることをホームステージングと定義しています。つまり、不動産事業者だけでなく、住まいや暮らしに関わる幅広い事業者がホームステージングの知識や技術を習得することによって、より快適な暮らし、住み心地のよい住まいを実現できるのではないでしょうか。当協会は、その実務ができるホームステージャーの人材育成と日本の住宅事情に見合った日本独自のホームステージングの普及を目的に日本で初めて2013年設立いたしました。
今後ホームステージャーは結婚、子ども誕生、定年、一人暮らしなど、ライフスタイルの転換期に様々な相談ができる存在になるはずです。

 『ホームステージングは、住まいの価値や暮らしの質を高める第一歩なのです』

 住まいの一部をホームステージングすることで、「明日はもっとこうしたい」という意欲が湧いてきた方や、表情が明るくなり笑顔になった方を何人も見てきました。私たちはホームステージングを通じて、「住まい」と「暮らし」の質を高めるお手伝いができることに誇りを持っています。
ここ数年、ホームステージングは主に不動産業界をはじめとして、日本でも広がりつつあります。その背景には高齢化による空き家や中古住宅の増加があり、それらの流通を活性化させることにホームステージングが少なからず役に立っていると思います。私たちが「ホームステージングをもっと知ってほしい」と思う最大の理由は、ホームステージングが多くの方々にとって住宅の流通だけにとどまらず、居住中の住まい、そこに住むひとの暮らし方を変えることもできる力を持っているからです。(以下略)

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000193240&id=bodyimage4