記事詳細

生き生きとした動きの秘密はスケッチにあった! ベテランアニメーター立中順平氏が、やさしく解説! 書籍『ポーズが描ければ 動きも描ける たてなか流クイックスケッチ』刊行

 株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ポーズが描ければ 動きも描ける たてなか流クイックスケッチ』を全国の書店を通じて刊行します。「tigger movie」(ディズニー)「メジャー(TV)」「ユーリ!!!on ICE」などに参加し、ヒット作のアクションを担う立中順平氏が、「はじめて人物を描く」方のために、やさしく解説!!

 【概要】
書籍名:ポーズが描ければ 動きも描ける たてなか流クイックスケッチ
刊行予定日:2019年5月25日
著者:立中 順平
定価:本体2,700円+税
ISBN:978-4-86246-445-3
サイズ:190 mm×257 mm
ページ数:226ページ
発行:株式会社ボーンデジタル

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000193279&id=bodyimage1

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000193279&id=bodyimage2

 【本書の特徴】
生き生きとした動きの秘密はスケッチにあった!
「tigger movie」(ディズニー)「メジャー(TV)」「ダイヤのA」「ユーリ!!!on ICE」「ゾンビランドサガ」などに参加し、ヒット作のアクションを担うベテラン立中順平氏が、スケッチのノウハウと考え方をやさしく教えます。

 ● 人の全身をサクッと描けるようになりたい!
●「動き」のある人物を描きたい!!

 「はじめて人物を描く」方のために、ゼロからやさしく解説しています。
静止した人物を手早く描くことからはじめ、動きをとらえます。

 短時間のスケッチをシンプルに、楽しく描くうちに、好きなものをラクに、好きに描けるようになっていきます。

 ..................
Part 1:シンプルにはじめましょう!
クイックスケッチについての説明と、シンプルに人体を描くチュートリアルです。
■Chapter 02:全身をカンタンに描く練習
静止画(写真)を使い、1分~2分でシンプルに「ジェスチャードローイング」を描きます。
=>円とライン<だけ>ではじめるから、すぐに描けます。

 ■Chapter 03:印象をとらえる
短い動画を使い、動く人物を描くポイントを学びます。
=>「動き」を表す要素<だけ>に注目して描きます。

 ..................
Part 2:ティップス
スケッチに取り入れたいヒントを探すリファレンスにお使いください。

 ..................
Part 3:スケッチ集
バレエ 野球 ラグビー ダンス 古武術 天心流兵法
フィギュアスケート タップダンス キックボクシング パルクール

 スケッチは、観察の経験を豊かにしてくれます。
想像から描くときにも、現実感のある人間が描けるようになります。

 **動画ダウンロードが付属**
スケッチをどの順番でどう描き進めるか!?
著者の描画過程を50を超える動画でご覧いただけます。

 【著者について】
岡山県出身。1993年よりディズニーアニメーションジャパンにてアニメーターとして
の仕事をはじめる。以後、アンサースタジオを経て現在フリー。

 「tigger movie」「メジャー(TV)」「ダイヤのA」「ユーリ!!!on ICE」「ゾンビランドサガ」などの作品に参加。現在はアクション作画監督としてさまざまな作品に参加し、
特にスポーツのアニメーションにおける動きの表現を担うベテランアニメーター。

 【概要目次】
はじめに
本書の使い方

 Part 1:シンプルにはじめましょう!
■Chapter 01:クイックスケッチとは?
■Chapter 02:全身をカンタンに描く練習
■Chapter 03:印象をとらえる

 Part 2:ティップス
■1. 基本
■2. 部位と衣服
■3. 一歩先へ

 Part 3:スケッチ集

 --------------------------------------------
【目次】
もくじ
はじめに
本書の使い方

 Part 1:シンプルにはじめましょう!
■Chapter 01:クイックスケッチとは?
- クイックスケッチとの出会い
- 思い込みを捨てる
- 力を抜いて柔軟に
- 他人の目を気にしない
- コラム:子どもの絵には勝てない
- 好きな対象を描く
- クイックスケッチは観察の記録
- 大きいサイクルの一要素
- 速く描く?
- まとめ
- コラム:小学生の僕が描きたかったもの
■Chapter 02:全身をカンタンに描く練習
-1. 基本構造に注目する
-2. 全身を平面で描く
-3. 立体にする
-4. 非対称のバランス
-コラム:ジェスチャー
-まとめの練習
-まとめ
■Chapter 03:印象をとらえる
-1. 描く瞬間を選ぶ
-2. 動きをラクにとらえる
-3. 動きのひとコマを描く練習
-コラム:描きはじめが難しいとき
-コラム:スケッチ、習作、素描を観る
-まとめ

 Part 2:ティップス
■1. 基本
-印象を描く
-柔軟な気持ちで描く
-よく見て描く!?
-1 つを掘り下げる
-分析する
-奥行き(立体)を示す
-短縮法
-対比
-あえてラインを引かない
-あえて平面的に描く
-流れ(フロー)を意識する
-アクションライン
-シルエット
-コンタクトスポーツ
-動きや向きの中心は胸郭
-重心
-崩れたバランス
-コラム:大きい骨と関節
■2. 部位と衣服
-頭部から首
-肩
-腕と手
-胸郭
-胸郭、腹部、骨盤
-腰と大腿
-臀部
-脚
-腕と脚の曲げ
-手
-衣服
-コラム:見ているつもり
■3. 一歩先へ
-動きをとらえる
-予感と余韻
-ポーズを読み取る
-表現の幅
-感情を込める
-驚きや感動を伝える
-現実を見る
-何も見ずに描く
-パターンにはまらない
-シルエットからのクイックスケッチ

 Part 3:スケッチ集
-バレエ
-野球
-ラグビー
-ダンス
-古武術 天心流兵法
-フィギュアスケート
-タップダンス
-キックボクシング
-パルクール

 ■あとがき
■著者紹介
■Special Thanks
--------------------------------------------

 書籍紹介ページ URL:
https://www.borndigital.co.jp/book/14071.html

 Amazon URL:
https://www.amazon.co.jp/dp/4862464459

 【本件に関するお問い合わせはこちら】
会社名:株式会社ボーンデジタル
http://www.borndigital.co.jp/
担当者:野村 享広
TEL : 03-5215-8664
FAX : 03-5215-8667
E-mail:yukihiro-n@borndigital.jp