記事詳細

チェック・ポイント、CloudGuardとGoogleのCloud SCCとの統合を発表 Google CloudのユーザはCloudGuardのイベントや検出結果にクラウド・コンソールから対応可能に

 米カルフォルニア州サンカルロス - 2019年4月18日--ゲートウェイからエンドポイントまで、包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(Check Point(R) Software Technologies Ltd. NASDAQ: CHKP)は先週開催されたGoogle Cloud Next '19において、GoogleのCloud Security Command Center(Cloud SCC)との統合を発表しました。この効果的な統合により、Cloud SCCのユーザは、チェック・ポイントのCloudGuard Dome9 Compliance Engineによる継続的なコンプライアンス評価で検出された重要な情報を確認できるようになります。また、CloudGuard Dome9のプラットフォームとGoogleのCloud SCCの統合がもたらすメリットは、セキュリティ・イベントの分析と対応、プロジェクトのコンプライアンス態勢の評価、セキュリティ・リスクやギャップの特定、修復、コンプライアンス要件の施行、および監査時のコンプライアンスの検証をCloud SCCから直接実施できるなど多方面に及びます。

 チェック・ポイントのクラウド製品ライン担当責任者を務めるゾーハー・アロン(Zohar Alon)は、「Google Cloud Platformとのパートナーシップでまた1つ大きな成果が生まれました。Google Cloudのユーザは、最先端のネットワーク・セキュリティ/脅威対策ソリューションであるCloudGuard IaaSと最先端のクラウド・コンプライアンス・ソリューションであるCloudGuard Dome9を統合し、単一の画面でまとめて管理できます。作業の複雑さが緩和され、短時間での問題修復が可能となります」と述べています。

 CloudGuard Dome9 Compliance Engineは、SOC 2、HIPAA、PCI DSS、GDPR、ISO 27001、NIST 800-53やCIS GCP Foundations Benchmarkなど、各種業界基準やベスト・プラクティスに基づくコンプライアンス・ルールをまとめた複数のGCP用バンドルを提供します。これらのバンドルを使用すると、組織のGCP環境にある資産のコンプライアンスの状況を継続的に評価できます。生成されるレポートを使えば、基準を満たしている資産と満たしていない資産、および能動的な修復機能でポリシーの変更が必要なポイントを、GoogleのCloud SCC内ですべて確認することができます。

 チェック・ポイントは、CloudGuardの製品ファミリーによりGoogle Cloud Platform(GCP)のセキュリティ向上を図ります。CloudGuard Dome9に加えてCloudGuard IaaSも導入することにより、高度な脅威対策セキュリティ機能でGoogle Cloudの資産やデータを保護し、クラウド環境と自社運用環境の安全な接続も実現できます。CloudGuard IaaSは最近、事業継続性を最大限に高めること、キャパシティを動的に調整してネットワーク・セキュリティのパフォーマンスを維持することを目的に、高可用性やマネージド・インスタンス・グループの環境にも対応するようになりました。

 GoogleのCloud SCCで使用するCloudGuard Dome9について詳しくは、こちらをご覧ください。
https://console.cloud.google.com/marketplace/details/checkpoint-public/cloud-guard-dome9?q=dome9&id=5e0e14ea-49db-49f8-80fc-a83d5065aea2

 Google Marketplaceで使用するCloudGuard IaaSについて詳しくは、こちらをご覧ください。
https://console.cloud.google.com/marketplace/details/checkpoint-public/check-point-cloudguard-payg

 CloudGuard Dome9によるコンプライアンスの継続的な評価について詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.checkpoint.com/downloads/products/cloudguard-dome9-multi-cloud-continuous-compliance-feature-brief.pdf

 CloudGuard Dome9 for GCPについて詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.checkpoint.com/solutions/google-cloud-platform-security/

 CloudGuard IaaS for GCPについて詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.checkpoint.com/downloads/product-related/solution-brief/sb-vsec-google-cloud-platform.pdf
※上記リンク先はすべて英文です。

 本リリースは、米国時間4月18日に配信されたものの抄訳です。

 ■チェック・ポイントについて
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ( www.checkpoint.com )は、世界各国の政府機関や企業など、あらゆる組織に対応するサイバー・セキュリティ・ソリューションを提供する大手プロバイダーです。業界随一の検出率を誇る先進のソリューションにより、お客様のネットワークを、マルウェアやランサムウェアなどの多岐にわたる第5世代のサイバー攻撃から保護します。企業のクラウドやネットワークのほかモバイル・デバイスに保存されている情報を、今日の第5世代のサイバー攻撃を含めてあらゆる脅威から保護するため、第5世代の脅威に対応するマルチレベルのセキュリティ・アーキテクチャを備え、直感的で操作性に優れた総合的かつ一元的なセキュリティ管理システムを展開しています。世界の10万以上の組織・企業がチェック・ポイントのセキュリティ製品を利用しています。