記事詳細

【トップ近況】“正義のハッカー”奪い合い「激化している」 トレンドマイクロ、エバ・チェン社長

 「サイバー攻撃対策を担う専門家の奪い合いが激化している」と指摘するのは、情報セキュリティー会社トレンドマイクロのエバ・チェン社長(60)。こうした専門家は「ホワイトハッカー(正義のハッカー)」と呼ばれるが、仮想通貨の流出事件が起きたこともあり、多くの企業が人材の獲得を急いでいるという。犯罪組織も高額報酬での引き抜きに乗り出し、人手不足感も強い。

 「技術面だけでなく倫理教育を充実させる必要がある」と訴える。

関連ニュース