記事詳細

【シニアライフよろず相談室 Season2】生前整理・遺品整理「家財整理業者の適性を見極める」 3つに分類する業者のタイプと特徴 (1/3ページ)

★生前整理・遺品整理(3)

 家財整理をうたう業者は非常にたくさんありますが、実は家財整理業者にも「得意」「不得意」があり、どのような業態から家財整理業者に発展したかで特徴が違います。今回はまず、家財整理業を営むに至るまでの進化のタイプごとに、その特徴を紹介します。

 (1)不用品処分業者から進化した業者

 このタイプの業者の良いところは、作業が早くて安いということです。不用品を処分するだけの整理には適しています。一方で、前回説明した過大請求やネコババなどのトラブルが聞かれるのも、このタイプの業者であることが多く、良心的な業者かどうかの見極めが重要です。

 (2)特殊清掃業者から進化した業者

 特殊清掃とは、孤独死などがあった室内の清掃、消臭・消毒など、原状回復のために必要なサービス全般を指します。この業態から進化した業者は、特殊清掃が必要なケースで力を発揮することはもちろんですが、遺族の気持ちに寄り添って丁寧に作業をしてくれるという傾向があります。物の整理とともに気持ちの整理もしていきたいという場合に適しています。

関連ニュース