記事詳細

大学生の就職率97.6% 過去2番目の高水準

 今春に大学を卒業し、就職を希望した人の就職率は4月1日時点で97・6%で、過去最高だった昨年と比べると0・4ポイント減少したが、統計を始めた1997年春卒以降、2番目となる高水準を維持した。厚生労働省と文部科学省が17日、発表した。

 企業の採用意欲が旺盛な「売り手市場」が続いており、大学生の就職希望者は76・0%と過去最高を更新した。就職率の微減について厚労省の担当者は「第1志望の企業に再挑戦しようと、未定のまま卒業した学生もいたようだ」と話した。

 一方、就職を希望する全ての高校生を対象とした文科省の調査によると、3月末現在の就職率は昨年より0・1ポイント増の98・2%。9年連続の増加で、過去最高だったバブル期の1990年度(98・3%)にほぼ並んだ。人手不足を背景に、高校生についても企業の採用意欲が高い状況が続いている。

 大学生の男女別では男子が97・3%、女子が97・8%だった。また、文系は97・4%で0・8ポイント減となった一方、理系は1・2ポイント増の98・4%だった。

 地域別では、最も高かったのは関東の98・1%で0・4ポイント減。北海道・東北と近畿は過去最高だった。