記事詳細

GDP2期連続プラス 菅長官、増税方針への影響「全くない」 専門家は「まだ延期論消えていない」 (2/2ページ)

 東海東京調査センターの武藤弘明チーフエコノミストは「日本経済の実態は悪い。経済の内容と見掛けの数字がこれだけ違うのは珍しい」と指摘、「政府はGDPの方を見て景気が強いと言うこともできるため、政策運営ではよりフリーハンドを得られたのかもしれない。10月の消費税率引き上げの延期は政治判断であり、まだ延期論は消えていない」とみる。

 共同通信社が18、19両日に実施した全国電話世論調査によると、10月に消費税率を10%へ引き上げることに反対は57・6%で、賛成の37・6%を大きく上回った。

関連ニュース