記事詳細

中国GDP再減速…米中貿易戦争影響か

 やはり貿易戦争の影響は大きかった。中国国家統計局が15日に発表した2019年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年同期比6・2%増だった。今年1~3月期と比べ0・2ポイント低下し、2期ぶりの減速で、四半期ベースの成長率としては統計をさかのぼれる1992年以降で最低水準。米国による制裁の追加関税が直撃したとみられる。

 中国政府は景気てこ入れのためインフラ投資、減税といった財政政策や金融緩和策を取っているが、カバーできなかった。米中は6月の首脳会談で貿易協議の継続を決めたが、最終合意には時間がかかるとの見方もあり、先行きは不透明だ。

 トランプ米大統領は15日、中国の景気減速に関し、対中追加関税によって「何千もの企業が(中国から)去っている。中国が取引したがっているのは、このためだ」とツイッターで指摘し、貿易問題での歩み寄りを改めて促した。

 統計局の毛盛勇報道官は「経済成長は全体として安定を保っている」と述べた一方、今年後半について「外部環境は比較的複雑で、国内にはなお押し下げ圧力がある」と認めた。