記事詳細

東証反落、150円安 中国経済の先行き不安視

 連休明け16日の東京株式市場は中国経済の先行き不安が広がり日経平均株価(225種)は反落した。終値は前週末比150円65銭安の2万1535円25銭で、下げ幅は一時170円を超えた。

 東証株価指数(TOPIX)は7・57ポイント安の1568・74。出来高は約10億4千万株。

 中国政府が15日発表した4~6月期の国内総生産(GDP)が記録的な低成長となったことが嫌気され、取引開始後から売りが先行した。外国為替市場で円高ドル安が進行し、輸出関連企業の業績を圧迫するとの懸念も投資家心理を冷え込ませた。

 米中貿易協議や中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を巡る米中の動向を見極めようと積極的な売買を控える動きも目立った。ただ15日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が終値の過去最高を3営業日連続で更新したことが下支えとなり、一部の銘柄には買い戻しが入った。