記事詳細

【今日から始める10万円株】“夏枯れ相場”は時価総額低い小型株に投資妙味 「ジーンテクノサイエンス」など (2/2ページ)

 同じく東証マザーズの「アクセルマーク」(3624)は、スマホ向けゲームの開発および配信を手掛ける会社。足元の業績は振るわないが、株価は7月に入り急騰中。わずか5営業日で2倍増を達成した。さすがにその後は利益確定売りに押され、大きな陰線を引いて5日移動平均線まで下がってきた。リバウンド狙いならこのタイミングか。株価(8日)は632円。

 3月中旬の安値271円から危なげない上昇が継続しているのが、ジャスダックの「クロスフォー」(7810)。同社は宝石の製造販売を手掛けており、クロスフォーカットという独自の技術は人間の細かな動きによって常に宝石が躍っているように見えるという画期的な技術だという。

 株価(8日)は396円と、年初来高値水準で推移中。6月以降、値動きも大きくなっており、短期値幅取りのスタンスでエントリーしたい。(三枝裕介)

 【2019年7月10日発行紙面から】

関連ニュース