記事詳細

令和式「すごいお子様プレート」登場! 杵屋から“親子三世代で楽しめる”新メニュー

 グルメ杵屋レストラン(東京都港区)は、18日から全国に展開している「杵屋」など、うどん業態93店舗で新メニュー「すごいお子様プレート」の発売を順次始める。通常の子供向けメニューよりもボリュームをアップさせ、“親子三世代で楽しめる”プレートを目指したという。その理由とは-。

 「通常の子供向けメニューのボリュームだと小学4、5年生くらいになると物足らなくなってしまい、頼まれなくなってしまいます。そこで中高生でも注文できて、大人も『食べてみたい』と思えるようなクオリティーにしようというコンセプトで始めました」

 同社の佐伯崇司社長はこう語る。

 開発にあたっては店長研修などで交流があった、かえつ有明中学校・高等学校(江東区)の調理部からアイデアを募った。「10代の意見を聞くことで、多くの発見がありました」(佐伯社長)

 新メニューでは卵焼きカレーうどん▽ポテトフライ▽茹でブロッコリーとプチトマト▽パンケーキ▽100%果汁オレンジジュース-がセットになっており、値段は小学生600円、中学生以上だと800円(どちらも税別)。中学生以上に提供される場合、カレーは大人向けの味わいとなる。

 「うどんの量は140グラムで、小食のシニア層でもお孫さんと一緒に同じメニューを味わえます。そうすることでお子さんには家族と一緒に楽しく食べた記憶を持ってもらい、われわれのお店の看板に対してロイヤルティーを感じてもらえたら」

 発売に合わせてフォトコンテストキャンペーンもスタート。第2弾として「親として子供に食べさせたいお子さまメニュー」の開発も進めているという。