記事詳細

【シニアライフよろず相談室】「うちの子供は仲が良いから大丈夫」は間違い!? 遺産分割の「争族問題」に注意! (1/3ページ)

★遺産相続(1)

 4年前に相続税法が改正されて以降、相続税がかかる人が大きく増えました。

 2017年分(17年1月1日~同12月31日に亡くなった方)のいわゆる相続税の課税割合は、全国平均で8・3%と、おおよそ12人に1人の割合です。税制改正前年の課税割合は4・4%でしたので、改正により相続税がかかる人は2倍近くに増加しています。相続税はいわゆる富裕層だけにかかる税金と考えられていましたが、今やその裾野は広がり、富裕層でなくてもかかる一般的な税金となりました。

 相続税は、相続の開始があったことを知った日から10カ月以内に原則現金で納税しなければなりません。この相続税の申告・納税の義務を負うことは、相続人にとっては大きな負担です。

 ただ、そうはいっても、大多数の人にとって相続税は縁がないというのが実態です。

 確かに相続税という税金の面では、一定以上の財産を所有していない限り、相続なんて関係ないということになります。しかし、相続の問題は税金のことだけではありません。

関連ニュース