記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】社員に「プロボノ活動」を推奨するNEC (1/2ページ)

 本連載では、会社の仕事で身につけたスキルを生かし、社会貢献やボランティアをするプロボノ活動が定年後にも役立つ事例を紹介してきた。しかし、上司にプロボノに参加したい旨を申請するとネガティブな反応をする会社も少なくない。

 その一方、会社を挙げてプロボノへの参加を推奨している企業もある。日本電気株式会社(NEC)は2010年に国内企業で最初にプロボノを導入した。NECコーポレートコミュニケーション本部エンゲージメント推進室石川紀子さんに話を聞く。

 「弊社は社会価値創造型企業として先進のICT(情報通信技術)で地域や社会の課題を解決することをメインミッションとしています。会社としても社会感度の高い人材を育成するために社員のプロボノ参加を推奨しています」

 この1年石川さんはNECグループ全体のプロボノ推進担当として奔走し、参加・関与する社員を大きく増やせたと話す。

 そんな石川さん自身も静岡県掛川市の伝統工芸品である葛布(かっぷ)振興事業にプロボノとして参加。11月23日には市民や行政とともに大きなイベントを予定する。

 石川さんは、数年後に定年を控える社員が「プロボノを通じて仕事で培ったスキルや経験が、定年後地域や社会のために生かせることに気づいた」と話したことが印象に残ったと言う。

関連ニュース