記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】「コンサルタント」で起業して長続きせるコツ (1/2ページ)

 シニア世代の起業相談を数多く受けてきた片桐実央さん(銀座セカンドライフ代表取締役)は、「定年後、起業をめざす人に人気があるのがコンサルタントという職種です」と話す。商品の在庫を抱えるリスクもなく、事務所もレンタルオフィスを活用すれば開業費用はローコストで済む。

 しかし起業するからには、顧客をつかむコツは必要だろう。片桐さんにコンサルタントとして起業し、長続きさせるコツを伺った。

 まず、コンサルタントを名乗り開業するのに資格は必要だろうか?

 「名乗るのに資格は必要ありませんが、中小企業診断士、社会保険労務士などの資格を持っていた方が営業活動しやすいのは確かです」(片桐さん)

 しかし片桐さんは、もっと大事なことは他者にはない自分の強みを作ることだと言う。

 「強みと言ってもむずかしく考えないで、『フットワークが軽く必要なときはいつでも駆けつけてくれるコンサルタント』とか『アドバイスするだけでなく、二人三脚で親身に支援してくれるコンサルタント』ということでも、十分その人の強みになり得ます」

 コンサルタントを名乗り、開業したとしても、顧客開拓は難しそうだ。どのような方法があるのか?

 「セミナー講師を勤める、小冊子を作る、自分のホームページを開設することぐらいまではマストでしょう」

関連ニュース