記事詳細

【トップ近況】「米国でビーフン年間100万食が目標」 ケンミン食品・高村祐輝社長

 ケンミン食品(神戸市)の高村祐輝社長(37)は「米国でビーフン年間100万食を販売目標に掲げたい」と意気込む。自社管理による米国向け輸出を1月に開始した。海外展開はアラブ首長国連邦(UAE)のドバイに続き2カ国目だ。

 さらなる輸出拡大を見据え、10億円を投資して一部の工場ラインを増設した。米粉で作るビーフンは、小麦不使用の麺として関心が高まっているといい「今年は創業70周年。世界市場に挑戦していきたい」と語った。

関連ニュース