記事詳細

【ABS世代が「シニア」を変える】テレワークで「熱海」移住が注目! 「海・山・温泉・食」満喫、東京まで新幹線で36分の好立地 (1/2ページ)

 (一社)日本元気シニア総研の分科会であるABS研究会で一緒に活動しているクリエイターの佐藤豊彦さん(62)は、3年前から熱海のマンションに住んでいます。佐藤さんはパソコン通信の黎明期から通信手段を使った仕事をしており、テレワーク歴は30年になります。

 熱海の魅力は、「海・山・温泉・食」といった自然が満喫できることと、東京まで新幹線で36分という好立地でしょう。

 佐藤さんは渋谷にオフィスを構えているため、重要なミーティングや体験を伴う情報収集などで東京に出てくることもありますが、基本は熱海でテレワークです。加えて、故郷の別府やロサンゼルスに滞在することもありますが、まったく仕事に支障はないと言います。クリエイターという仕事柄、多拠点でストレスなく暮らすことで時代を俯瞰する感性が磨けるのだそうです。

 佐藤さんと同じマンションに住んでいる外資系IT企業勤務の山本さん=仮名(56)=は2年前、横浜から引っ越してきました。山本さんも職種に加え米国での仕事のキャリアが長かったこともあり、テレワークは早い段階から実践されていました。以前は3割くらいがテレワークで、あとは東京の本社に通っていたそうです。今は新型コロナウイルスの影響でほとんどテレワークですが、仕事への支障はまったくないと言います。

 コロナの影響で一気にテレワークが普及し、社内会議や商談の多くがオンライン会議で済ませられることを私たちは認識したと思います。今までの移動の時間やコストなどの多くが無駄だったことにも気づいたことでしょう。

関連ニュース