記事詳細

東証、4日続伸 米の巨額経済対策を期待

 13日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は4営業日続伸した。

 バイデン次期米政権が新型コロナウイルス感染拡大を受け、巨額の追加経済対策実現を目指すと期待された。終値は約30年5カ月ぶりの高値。ただ、国内の緊急事態宣言の対象拡大は重荷となった。

 終値は前日比292円25銭高の2万8456円59銭。東証株価指数(TOPIX)は6.46ポイント高の1864.40。出来高は約12億3956万株だった。