1〜3月の訪日消費4%増、1人当たりは8.5%減 観光庁

2017.04.21

 観光庁は20日までに、今年1〜3月に日本を訪れた外国人旅行者の消費額が推計で前年同期比4・0%増の9679億円だったと発表した。韓国やタイ、米国などが全体を押し上げたが、1人当たりの消費額は8・5%減の14万8066円となった。中国などでインターネット通販が普及し、日本での買い物が減っているのが一因という。

 3月の訪日客数は推計で前年同月比9・8%増の220万5700人で、3月としては過去最高だった。

 1〜3月の消費額を国・地域別に見ると、中国が最多の3718億円。台湾が1334億円、韓国が1180億円、香港が801億円と続いた。

 1人当たり消費額は、昨年1〜3月から前年同期比でマイナスが続いているが、10〜12月の12・2%減からは改善した。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。