記事詳細

「独立」一転「残留」で孤立した中居、交友関係深まる溝 さんま共演『今夜も眠れない』放送なしで飛び交う憶測 (1/2ページ)

 元SMAPのタレント、中居正広(44)が孤立を深めている。独立と目されていたが一転、事務所への残留を決めたことで、これまでの交友関係に深い溝が生まれているのだという。

 今年9月に放送されるフジテレビの27時間テレビ。今年は、深夜の名物コーナーだった明石家さんま(62)と中居による「さんま・中居の今夜も眠れない」が放送されないことになった。

 これは2人が息もピッタリのトークをみせるコーナー。「さんまがこの1年で気になった女性を発表する『ラブメイト10』がメーンだが、さんまのトークを中居がたくみにさばくコンビ芸だった」とテレビ誌編集者。

 さらに「さんまが降りたという話もあるが、実質は木村拓哉(44)と近いさんまと、中居が、それぞれに距離をとっているということです」と続ける。

 さんまは、これまで中居とも木村とも番組で共演していたが、SMAPの解散騒動以降、木村との距離を近づけていた。今年4月には木村との「さんタク」が放送されているほどだ。「中居にも、どこかわだかまりがあるようです」(芸能関係者)。

 さらに、中居は“SMAPの育ての親”と呼ばれる元マネジャー女史とも距離を置いているのだという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース