記事詳細

小出恵介 賀来賢人ら“同僚”が淫行騒動の尻拭いにフル稼働

 17歳未成年少女との飲酒と淫行で、6月から無期限活動停止となっている俳優・小出恵介(33)。ドラマや映画に引っ張りだこの人気者のスキャンダルだけに、ダメージも大きい。出演キャンセルなどの違約金は数億円とも噂された。

 そんな中、所属事務所・アミューズの同僚たちは、小出の“尻ぬぐい”に総動員されている。

 小出が出演する予定だった今クールのドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)には、事務所の後輩である賀来賢人(28)が代役として登場。

 同事務所の超売れっ子であるディーン・フジオカ(36)が10月クールで日テレの連ドラに初主演するという情報についても、一部では「ドラマ出演キャンセルの“お詫び”の意味合いが大きいのではないか」(芸能関係者)と囁かれているのだ。

 「これまでフジオカは商品価値を高めるために民放ドラマへの出演数をしぼり、映画やNHKドラマを中心に活躍してきた。それがいきなりの方針転換。日テレとしては“災い転じて福となす”というところかもしれない」(芸能関係者)

 当の小出は今、何をしているのか。芸能プロダクション社員がいう。

 「基本的に自宅にこもりっきりの生活を続けているようです。外出は近所のコンビニに行く程度で、夜遊びは事務所から厳しく禁じられている。スキャンダルの原因になったアルコールも控え、家ではテレビを見たり、読書をして過ごしているようです。事務所から“課題図書”も渡されているらしい」

 8月1日発売の『女性自身』は、自宅マンションから出てくるTシャツ・短パン姿の小出を直撃していたが、小脇に抱えていたのは、SBIホールディングスCEOの北尾吉孝氏が著した『何のために働くのか』という本だったという。

 解雇こそ免れたようだが、復帰がいつになるかもいまだ見えない。さて、晴れて復帰した時には、何のために働くのか。

 ※週刊ポスト2017年8月18・25日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース