記事詳細

『ひよっこ』峯田和伸 「志村けんさんみたいに動物番組を…」 (1/2ページ)

 現在放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で、ヒロインを明るく支える叔父・小祝宗男を好演しているロックバンド・銀杏BOYZの峯田和伸(39才)。見ているものを和ませる、不思議な魅力を持つ彼の素顔に迫る。

 『ひよっこ』で最も印象的かつ胸に重くのしかかったのが、宗男が自らの戦争体験を語るシーン(7月4日放送)だ。

 「多くの犠牲者を出したインパール作戦のことは、映画や本で知っていたので、最初に台本を家で読んでいた時は、気持ちが沈んでしまい、泣きそうになりました。

 その気持ちのままで収録現場に行ったのですが、鈴子役の宮本信子さんから、『泣いちゃだめよ』って言われて、ハッとしました。確かに宗男だったら、ほがらかに言うんじゃないかなと思って。いろんなつらい経験をしているけれど、若い人たちもいる手前、なるべく軽くならずに、笑って言おうと。せりふで出てくる真っ暗だったジャングルで、イギリスの少年兵と銃を構えて向き合った光景は、自分がまさに体験したような記憶を作ってせりふを言いました。ぼくの頭の中でイメージした少年兵は、顔に靴墨を塗ってカムフラージュをしたジョン・レノンでした」(峯田、以下同)

 ドラマの中の宗男のまわりには、いつも人がいて楽しそうだが、カメラが回っていない時間は、どう過ごしているのだろうか。

 「収録の合間は島谷役の竹内涼真さん(24才)とサッカーの話をしたり…。彼はサッカーをしていたし、ぼくは見る専門だけど、サッカーは好きなんです。「どこのチームのユニフォームが好き?」「今期のACミランのユニフォームはダサいよね?」とか(笑い)、そんな話をしています。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース