記事詳細

AbemaTV、元スマぶっちゃけの次は“蛭子緊縛” テレ朝P「地上波なら怒られてますね」

 元SMAP3人の72時間特番で注目されたインターネット放送局AbemaTVが、またまた話題を集めそうな番組を送り出す。漫画家でタレント、蛭子能収(70)がキャスターを務めるニュース番組「蛭子能収の蛭子能収による蛭子能収のためのニュースII」が29日午後9時から放送される。蛭子自身が体当たりでリポートする異例の番組だ。

 事務所を退社したばかりの元SMAP3人を大胆に起用したAbemaTVだからこその企画。蛭子がコメンテーターをしたいと話したことで始まった番組も今回で2回目。「韓国・北朝鮮」「エロス」「超能力」をテーマに蛭子自身が最前線をリポートする。

 韓国で脱北者にインタビューしたり、緊縛師に実際につるされたり、幽体離脱体験をしたりとまさに体当たりのリポートだが、制作を手がけたテレビ朝日の鎮目博道プロデューサーは「蛭子さんが驚くほど先入観がないので新鮮なリポートになっています」と話す。

 「普通のリポーターなら、求められているものを出そうとするものですが、蛭子さんは想像していなかった結果を出してくれるんです。前回は元連合赤軍関係者や元ヒットマンにインタビューをしましたが、その感想が『寂しそうな目をしていた』という角度でくるんです。まったく制作側の意図をくんでくれませんが、それが面白い。地上波なら怒られてますね」とも。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース