記事詳細

テレ東関係者匿名座談会 「大物MC・ひな壇・前例不要」 (1/3ページ)

 『YOUは何しに日本へ?』『家、ついて行ってイイですか?』『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』…テレ東が今熱い。特に『池の水』の視聴率については9月3日(11.8%)と11月26日の放送(12.6%)でNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』を超えたほどだった。そこで、テレ東関係者匿名座談会を開催。顔ぶれはこうだ。

 A…制作会社バラエティー番組AD

 B…ベテランの女性フリーディレクター

 C…広告代理店若手営業マン

 A:それにしても『池の水ぜんぶ抜く』の“大河超え”には驚いたね。

 B:テレ東で2桁は快挙です!

 C:原動力はやっぱり企画力ですよ。外部からの持ち込み企画に対してキー局が「MC誰?」「MCの事務所に了解取れてるの?」とMCばかりを気にするなか、テレ東だけは企画そのものの面白さで判断しています。

 B:予算の少ないテレ東にとって大物MCはギャラがかさむため不要。だから一層、企画が大事になるわけね。

 A:テレ東の番組には他局でボツ扱いになったものも多いそうですよ。大ヒットしている『YOUは何しに日本へ?』だって、最初は他の局に持ち込まれたけど相手にされなかったって噂だよ。食いついたのはテレ東だけだったって…。

 C:その噂、私も聞きました。MCのバナナマンだって、たまたまスケジュールが空いている時間帯だったからオファーしてみたらOKが出ただけとか。だからバナナマンは、わりと大物なのに、経費削減のあおりで会議室で撮影させられている。あれ、本人たちは怒ってないのかなぁ~(笑い)?

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース