記事詳細

木村拓哉、新たな“線”で反撃開始のウラ 解散後に思うような活躍できておらず… (1/2ページ)

 あの「SMAP×SMAP」での公開謝罪からあと1カ月で2年。5人の人生は大きく道を違えた。香取慎吾(40)、稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)がSNSの世界で飛躍する中、木村拓哉(45)が新たな動きに出た。まさに2018年からの巻き返しを図ろうとしているようだ。

 木村が解散後、初となるCMに出演することになった。それがなんと、無料通信アプリ「LINE(ライン)」のCMで、年明けから“LINEのお年玉”というテーマで放送されるという。

 「ジャニーズ事務所といえば、インターネットメディアからは距離を置いていたことで知られています。それが、自らSNSの世界に踏み込んだということで、その変化が注目されています。これも元SMAP3人の躍進が影響しているといっていいでしょう」とベテランの芸能ライター。

 解散後、木村は思うような活躍ができていない状況だ。解散後に公開された主演映画「無限の住人」も動員が伸びなかった。さらに先日発表されたインターネットニュースへの登場回数ランキングでも、香取、稲垣、草なぎの3人がトップ10入りしたのに対し、木村と中居正広(45)は圏外となったのだ。

 この逆転現象の最大の要因は、香取らが立ち上げた公式サイト「新しい地図」の動きにほかならない。地上波で思うように動けない3人はAbemaTVなどのネットメディアで話題をぶち上げていったからだ。「木村側も、インターネットの影響力を無視できなくなったわけです」と芸能サイト編集者。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース