記事詳細

松ちゃん、南北合同チームをバッサリ「間違ってる。やるならオリンピック終わってからも合同でやらないと」

 21日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)でコメンテーターのダウンタウン・松本人志(54)が、2月に韓国で開催される平昌五輪に北朝鮮が参加することについて言及。同国に融和的な韓国の文在寅大統領(64)を「間違っている」と語るなど持論を展開した。

 17日、韓国と北朝鮮による3度目の次官級会談が行われ、平昌五輪開会式での統一旗を掲げての南北選手団の合同入場が合意。さらに、アイスホッケー女子で五輪史上初の南北合同チームが結成されることなどが決まった。文大統領はこれらの決定に理解を求めていた。

 松本は「文さんがやってることは結局、核を持ってごねたもんが得すると言っているようなもの。本当に間違ってると思う。主導権を全部持ってかれてる」とバッサリ。さらに「やるなら、オリンピック終わってからも合同(チーム)でやらないと」と、五輪の政治利用にもくぎを刺した。

 一方、日本の安倍晋三首相(63)については、五輪の開会式に行くべきと語った。慰安婦問題に関する2015年の日韓合意をめぐる文大統領の対応を受け、安倍首相は開会式への出席を見送る意向だ。松本は「日本選手団を応援するという意味で、ちゃんと行ってほしい。政治とは関係ないということのアピールにもなるから」と考えを示した。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース