記事詳細

IMALUがさんまに唯一怒られた?その理由とは…

 タレントのIMALU(28)が、1日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演。母で女優の大竹しのぶ(60)の“がさつすぎる一面”や父、明石家さんま(62)から唯一怒られたというエピソードを明かした。

 この日の「ダウンタウンDX」は、「2世芸能人SP」と題し、著名人を親に持つ2世タレントたちが、父や母の秘密を暴露していく内容。IMALUは大竹について「女優さんって美容や健康に気を使っているイメージがあると思うんですけど、全部真逆。すごいですよ」と切り出した。

 IMALUは「母は本当に夜更かしさんですし、夜中にチョコレートも食べますし。化粧水も、私が高校の時に使っていた、10年くらい前の物を使っていたり。部屋も汚いですし…」と、大女優として知られる大竹のイメージを破壊するエピソードを連発。司会のダウンタウン・浜田雅功(54)が「そんなん言うてええんか?」とぶっちゃけすぎのトークを心配する一幕も。

 しかし、IMALUの暴露トークは止まらず、「日本のすごく有名な映画の賞のトロフィーを、外のドアのドアストッパーにしてる」と、大竹の破天荒な行動を披露。共演者が騒然となると、「悪気はないんですよ。使えると思ってやってるだけ」と、あくまで“天然”故の行動であるとフォローしていた。

 さらに、IMALUはさんまの“教育方針”についても言及した。学校の成績や友人関係については何一つとがめられたことはなかったが、唯一、怒られたのが「人としゃべっているときのリアクションが薄い」というもの。“お笑い怪獣”らしいエピソードに、スタジオは笑いに包まれた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース