記事詳細

走裕介、母校で誓う「紅白の金メダル」 デビュー10周年の記念コンサートで1100人魅了

 デビュー10周年を迎えた演歌歌手、走裕介(44)がこのほど、10周年の記念コンサートを出身地の北海道網走市で行った。7日付の「週間USEN HIT演歌・歌謡曲ランキング」で1位を獲得した新曲「北のひとり星」など18曲を熱唱し、会場に詰めかけた1100人を魅了した。

 走はこの前日、母校の網走東小学校を訪問。校庭にしつらえられたスケートリンクで、中学校の頃に得意だったというスケートを披露した。平昌冬季五輪での日本勢の活躍を問われると、「オリンピックでは、ジャンプのレジェンド葛西(紀明)選手に注目しています。世界で戦う精神性がすごいと思いますし、同じ北海道で同世代ですから、尊敬します。金メダルを期待しています」と語り、自身も「デビュー10周年、ありがたいです。これを機にドンといけるように頑張りたい。オリンピック選手に続いて、紅白の金メダルを目指します」と、デビュー10周年での金メダルを誓った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース