記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】疑似家族がたどりつく人生の“真実”とは「anone」 (1/2ページ)

 今季最注目の1本として毎週(2月21日は平昌五輪で1回飛んだが)、日本テレビ系『anone』にどっぷりつかっている。

 名作と断言できる『Mother』(2010年)、『Woman』(13年)に続き、坂元裕二(オリジナル脚本)、水田伸生(演出)、田中裕子(出演)のトリオが満を持して醸し出すドラマ世界は圧倒的だ。

 坂元は現在50歳。近年では、フジテレビ系の木10『それでも、生きてゆく』(11年)『最高の離婚』(13年)と月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(16年)、昨年はTBSで『カルテット』を手がけいずれも激賞された。いまのテレビドラマ界で最も優れた書き手と言っていい。

 先の『Mother』『Woman』と今回の『anone』。いずれもタイトルは手書きのアルファベットだが、微妙に違う。そのドラマ作りにかける徹底した“繊細さ”が好ましい。

 主演は19歳の広瀬すず。2015年に初主演し、長ぜりふを毎回こなすのに驚かされた日テレ『学校のカイダン』以来の連ドラだ。先日は映画『三度目の殺人』で日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース