記事詳細

【高須基仁 人たらしの極意】無双!あっぱれ、山口真由氏 頭脳を“全裸・全開”にするインテリ女性を応援 (1/2ページ)

 各局のワイドショーで「佐川証人喚問」とともに引っ張りだこの美人がいる。元財務官僚で弁護士の山口真由氏だ。まだ34歳だが、その発言力はなかなか際立っている。

 喚問前の番組ではこうコメントしていた。「証人喚問というのは、人民裁判でも何でもなく事実を明らかにする場所。改竄とか、総理の関与とか、答えが得られないであろうことを追及する姿勢をパフォーマンス的に見せると余計事実が分からなくなる」(テレビ朝日系「羽鳥モーニングショー」)

 答弁の背景を問う場面では、「2週間とか寝ないと長期的視点を失う。(中略)佐川さんは親分肌で怖い方っぽい。そんな佐川さんが毎回答弁で100問も200問も打たれて、理財局はものすごい緊張感があったのでは」(TBS系「ひるおび」)とも。

 ベテランの論客たち相手にズバズバと切り込み、まさに無敵。彼女は東大法学部3年時、司法試験に、4年で国家公務員採用I種試験に合格。首席卒業後、財務省に勤務。弁護士に転じた後、ハーバード大法科大学院で全科目最優秀…頭の回転がいいわけだ。

 すっかり惚れ込み、著作の『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』や『ハーバードで喝采された日本の「強み」』などあれこれ読破、これは常人には追いつけない勉強量だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう