記事詳細

【私だけが知っている女優・吉永小百合】もう明かしても…吉永小百合、衝撃の告白「結婚相手はどなたでもよかったんです」 (1/2ページ)

★(1)夜汽車の告白

 女優、吉永小百合(73)の120本目となる出演映画「北の桜守」(滝田洋二郎監督)が観客動員数を伸ばしている。衰えを知らぬ美貌と迫真の演技はさらにさえ、サユリストに健在ぶりをアピール。スポーツ紙の記者時代に「小百合番」を務めたフリーライター、中野信行氏が間近で触れたその素顔を明かす。

 吉永が、15歳も年上のフジテレビディレクター、岡田太郎氏と電撃結婚したのは1973年のことだ。当時、岡田氏は「アップの太郎」と呼ばれ、女優を美しく撮るディレクターとして女優に信頼が厚かった。最近でこそ年の差カップルもよくあることだが、当時としては15歳も違うのは珍しく、しかも岡田氏はバツイチだった。

 「そのころ、結婚相手はどなたでもよかったんです」

 同行取材で乗り合わせた夜行列車の中で聞いた吉永の告白は衝撃的で、私は耳を疑った。しかしその告白は一度も記事にしなかった。それは私が岡田氏と親しくさせていただいたという事情もあったが、「これを記事にしても誰も喜ばない」と考えたからであった。

 月日は流れて岡田夫妻は結婚生活45年。現在は東京都内のマンションで仲むつまじく過ごされている、と聞いている。

 女優として吉永に大きな転機を与えた結婚の動機、そしてその胸中を、もう明かしても、サユリストからもおしかりは受けまい…。そう念じて「夜汽車の告白」を伝えたい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース